明日がある

あしーたがある

 

あしーたがある

 

あしーたがあぁるぅさぁ〜

 

なお納期には間に合わない模様

これで分かる!「クソエロバナー等準備罪」の仕組み

「クソエロバナー等準備罪」についてわかりやすく解説

・組織的エロバナー業者が、まだエロバナー配信をしていなくても、エロサイトの下見など「準備行為」をした場合は計画に関わった全員が処罰される

・エロバナー配信を全く知らなくても、組織的エロバナー業者のLINEのメンバーに入っていて、“既読”した場合は、警察の家宅捜索の対象になりうる

・政府は、オリンピックに向けてエロバナー禁止条約に入らなければならないため、法整備を急いでいる

代表的な疑念の声

「準備行為とはどこまでを指すのか!エロ絵を描いただけで準備行為なのか!そもそもどこまでがエロなのか!」

「普通にエロサイトで性欲処理をした一般市民も捜査対象になるのではないのか!」

「法案の「計画」「準備行為」「組織的エロバナー業者」の文言があいまいで、恣意的な適用のおそれがある」

「捜査権によって国民の表現の自由とプライバシーが侵害される!」

ぼくの理解(1)

「エロサイトからクソバナーが無くなるのはうれしいけど、エロサイト見にいっただけで当局にマークされるんか…」

実際の「クソエロバナー当準備罪」成立要件

・クソエロバナー設置によって収益を得ることが主目的の組織母体があり、
・組織に指揮命令系統と役割分担があり、
・何度も反復して既に犯罪をやっており、
・個人ではなく組織として犯罪をやることを計画しており、
・計画メンバーが1人でもエロバナーを用意したり、エロサイトの下見をしたら、

その計画した人たちは罰っせられるで。
自首したら減刑な。

ぼくの理解(2)

「ほーん、業者連中に騙されでもせん限り罪に該当することないやんけ。もし知人に業者やってる奴おったら事情聴取はされるかもしれんな。」

 

まっ、ワイには関係ないわ( ^ω^)

 

 

さて、エロサイトみて疲れを癒そう

テロ等準備罪とか共謀罪とか知らねぇよばか

世間ではかねてより揉めていた事案がシャンシャンと決まったとか。

 

www3.nhk.or.jp

 

正直なところ、あたくしには全く関係ないことと認識しているので、世間様はなんでこんなことで揉めているのか全く理解ができんのです。

これを決めることで、少しでも治安破壊行為を抑止できる確率が上がるのなら、それはそれに越したことはないよな、と思うわけで。

いちいち法案の詳細を眺めたりはしないし、議会の中継を逐一見たりもしないので、流れてくるニュースを断片的に見るだけだとその程度の所感しかでてこない。

不勉強と言われればそうだけど、大衆の見解ってそんなもんじゃないでしょうか。

反対ばかりしている野党は頭がおかしいのか?

運用が危険視される法案について反対の世論形成がされるのは望ましい事です。

しかしながら変化しつづける国際情勢に対応し、国民の安全を守る為に国家権力の及ぶ範囲を合法的に拡大するシステムも必要とされていると。
だから法案つくりましょうという流れになったのだと認識してます。

で、

出てきたものが企画段階では仕様が大雑把すぎる、
だから野党がアレコレ物申して仕様を具体化していく。

というのが国会の仕組みであるなら、野党のイメージの悪さはともかく、仕事はきっちりやってるんだと思います。

野党は反体制を謳った頭がおかしい連中だらけという訳ではない。たぶん。
会社組織でもそうだけど、問題提起に積極的な物申す人間は、嫌われるもんです。

成立にあたって議論は尽くしてほしい

さて、あたくしとしては、治安破壊確率が下がるのであれば、個々の表現の自由だとかプライバシーの保護などはある程度軽視されてもいいんじゃないかと思ったりしているわけです。

怪しいと当局が感じたら任意で聴取を行うとか、口座のカネの流れを追うとか、通話記録を探るとか、全然やってくれればいい。
痛くもない腹を探られるのは快く感じはしないものの、情報開示に協力することで生命の安全が保証されるなら積極的に協力してもいいんじゃないの、という考え方です。

ただし、その制度を乱用できないように政治を監視するだとか、法制度を整備するということが前提。当然ながら、治安維持法みたいな運用をされると非常に困る。
だから議論はしっかりやってくれよ、とは思います。

身に危害が及ばなければ好きに決めてくれていい

議論はしっかりしてほしいけど、それは我が身かわいさの為。
自身に危害が及ばないなら、身の安全の為に何やってくれても構わない。

現代社会において、あたくしたちは不自由の中で自由を謳歌しているわけです。

納税義務、道路交通規則、自治体規則など行政の決め事を遵守し、経済社会ではビジネスルールを遵守し仕事に取組み、Twitterでは炎上しないかどうか考えながら発言を行い、ブラウザのクッキー情報を抜き取られやしないか怯えながらエロサイトを巡回し、著作権違反になりやしないか、個人情報を特定されるような記事になってないかと気を使いながらブログを書いたりしているのです。

こうなってくると、当局からカネの流れだとか電話の内容だとかLINEの発言とかいつでも見ますんでヨロシク!と言われても、「ほーん(ハナホジー)」程度にしか感じない。

不感症極まってる。もう生きるのに疲れてんだよ。

将来に希望を見いだせない羊

行政や隣人友人同僚、ネット民、悪意を持ったエロサイト運営から監視され続けることで、あたくしは物申さない従順な羊になってしまった。

とにかく問題をおこさないように立ち回って、自分に危害が及ばなければいい。
ひっそり静かに暮らしていければそれでいい。

プライバシー?表現の自由

生命が永らえるならそんなものは犬にでも食わせてしまえばいい。

尊厳?

日々取引先からいいように使われて、貯金もままならない程度の稼ぎで生活しているような人間に、そんなものはない。

会社に入れば朝から晩まで扱き使われ、身命を賭して会社に尽くした所で会社は自分の将来まで面倒を見てくれる訳ではない。
そんな絶望の中で生きている人間に、尊厳などあろうはずがない。

だから汚部屋でも全然だいじょうぶ。

将来に想いを馳せる余裕などない

表現の自由だとか、プライバシーの保護だとかで将来を見いだせるなら、きっとテロ等準備罪・共謀罪の成立には過剰に反応していたと思う。

でも、あたくしは「どうでもいいや、身の安全が保証される限り好きにして」って思ってしまった。

そう思ったのは、当面生きのこるだけで精一杯で、「老いて動けなくなったら適当に睡眠剤でも飲んでひっそりとくたばるか」といった具合に、将来何かが変わるという希望を持てないからだろうと思う。

救いが無いのだ。

 

 

老若男女問わず、所謂市民活動を行うような方々の余裕と情熱が羨ましい。

世間的には、あたくしは負け組というやつなんだろうな。

負け組は負け組らしく、納期に追われながら明日のメシの為に働くのみ。

 

はーリア充になりて。